愛


白河決戦・人物相関図

 慶長5年(1600)、徳川家康への挑戦状といわれる、兼続の返書
『直江状』を発端に、上杉景勝と徳川家康の間で天下を二分する決戦
の火蓋が切って落とされました。

 景勝は、兼続を通じて豊臣家の実力者・石田三成と連絡を取り、
東西から徳川軍を挟み撃ちにする計画を立てます。

 しかし、家康の真のねらいは、上杉氏を亡ぼすことではなく、
三成率いる西軍を挙兵させることにありました・・・。
 

白河決戦・人物相関図