白河の名所

笊内古墳

ザルウチコフン

歴史

笊内古墳(ざるうちこふん)は、古墳時代に造られた高塚古墳4基と横穴古墳54基からなる古墳群で、そのうちのひとつ笊内4号墳(円墳、直径11.5m、全長4.85mの横穴式石室)が東風の台総合運動公園内に復元されています。

また、横穴墓の副葬品として土器類・玉類・鉄刀・銅碗・金銅製馬具などが出土しています。当時としては貴重であったとみられる金銅製馬具が37号横穴墓から発見され、復元したものが文化財センター「まほろん」の馬の模型に展示されているほか、2号墳をモデルにした「前方後円墳」が屋外にて常設展示されています。

住所白河市東釜子字狐内地内
(東風の台総合運動公園内)
見学時間見学自由
料金無料
駐車場あり(東風の台総合運動公園駐車場利用)
その他情報●カーナビは、東風の台総合運動公園管理事務所(0248-34-3644)に設定すると便利です。
●古墳の中を見学は、東風の台総合運動公園管理事務所(公園体育館内/ 0248-34-3644)に設置している申請書にご記入いただければ可能です。
※受付:8時30分~17時(毎週火曜日定休)


大きな地図で見る

ページトップ

(公財)白河観光物産協会
〒961-0074 福島県白河市郭内1-2
TEL 0248-22-1147  FAX 0248-22-0117

Copyright (C) 2012 (公財)白河観光物産協会 All Rights Reserved.