白河の名所

感忠銘碑

カンチュウメイヒ

歴史

高さ7.6m、幅2.7mの日本有数の磨崖碑。

この碑は文化4年(1807)に、搦目の大庄屋内山官左衛門重濃(しげたね)が、南朝の後醍醐天皇に生涯を捧げた結城宗広・親光父子の忠烈を不朽に伝えようとしたものである。

題字の「感忠銘」は松平定信が書き、撰文は藩校立教館教授広瀬典、書は賀孝啓である。

住所 白河市搦目地内
(県道11号線御斉所街道沿い)
見学時間 見学自由
料金 無料
駐車場 あり
Webサイト
その他情報


大きな地図で見る

ページトップ

(公財)白河観光物産協会
〒961-0074 福島県白河市郭内1-2
TEL 0248-22-1147  FAX 0248-22-0117

Copyright (C) 2012 (公財)白河観光物産協会 All Rights Reserved.