白河の名所

白河 小峰城

シラカワ コミネジョウ

店主の一言

奥州関門の名城と謳われた小峰城は、結城親朝が興国・正平年間(1340~1369)に小峰ヶ岡に城を構えたのがはじまりで、寛永9年(1632)に江戸時代の初代藩主、丹羽長重が4年の歳月を費やして完成させた梯郭式の平山城です。

寛政の改革で知られる松平定信をはじめ、7家21代の大名が居城しましたが、慶応4年(1868)戊辰戦争白河口の戦いで落城。約120年の時を経て、平成3年(1991)に三重櫓、平成6年(1994)に前御門が江戸時代の絵図に基づき忠実に木造で復元され、市のシンボルとして親しまれています。

平成22年8月5日に、その歴史的な重要性が評価され、国指定史跡となりました。

住所 白河市郭内1
見学時間 三重櫓 10時~17時(4~10月)
      10時~16時(11月~3月)
定休日年末年始(12/29~1/3)
料金無料
駐車場あり
その他情報カーナビは、「白河集古苑(0248-24-5050)」に設定すると便利です。
パンフレットをダウンロード


大きな地図で見る

ページトップ

(公財)白河観光物産協会
〒961-0074 福島県白河市郭内1-2
TEL 0248-22-1147  FAX 0248-22-0117

Copyright (C) 2012 (公財)白河観光物産協会 All Rights Reserved.