旗 白河の観光

日本最古の公園 「南湖公園」

南湖公園 南湖公園は、白河藩主松平定信公により、1801年に造園された我が国最古の「公園」です。
「南湖」の名は、李白の詩句「南湖秋水夜無煙」からまた、「小峰城」の南に位置していた ことから名づけられたといわれています。
 定信は、この造園において身分の差を越え、庶民が憩える四民(士農工商)共楽という 思想を掲げ、「共楽亭」と称する茶室を建て四民と楽しみを共にしました。その志は、 いまなお市民に受け継がれています。
 創設より200年の時に磨かれた公園は、松、吉野桜、嵐山の楓など四季折々に典雅な風趣をたたえ、 花と緑と水の園として市民をはじめ多くの人々を魅了し続けています。

奥州の関門 「白河の関」

白河の関 白河の関は、5世紀頃に蝦夷の南下を防ぐために建てられた砦です。当時の大和朝廷が東北地方を制圧したため、白河の関は機能を失いますが、その後も奥州の関門として人々の記憶に受け継がれています。
 歌枕に読まれることが多く、能因法師の「都をば 霞とともにたちしかど 秋風ぞ吹く 白河の関」 という歌が特に有名で、平安時代以降、西行法師をはじめ、一遍上人、宗祗など、多くの著名な文化人がこの地を訪れています。
 また、源義家、源義経も白河の関を訪れており、江戸時代には松尾芭蕉が奥の細道の旅の途中で立ち寄っています。
 現在、松平定信が建立した碑のほか、空堀が往時をしのばせています。

こだわりの味 白河ラーメン

白河ラーメン 白河ラーメンは、那須連邦の清らかな水と空気に育まれたラーメンです。
 市内にはラーメン店が約90軒ありますが、職人気質の店主たちが打つ麺は、それぞれに “こだわり”があり、縮れ具合、歯応えに意気込みを感じます。コクがありながら サッパリとした味わいのスープとあいまって、気取りのない食文化に出会えます。 日々、味と技を競い合う店主たちのラーメンにかけた情熱をご賞味ください。

白河そば

「白河そば」は、日本四大そば処(盛岡、信州、出雲、白河)の一つに数えられています。
白河そば

白河だるま

「白河だるま」は全体に福々しく、鶴・亀・松・竹・梅を模様化して描かれた顔と相まって、 縁起物として人気があります。
白河だるま(渡辺)
白河だるま(渡辺)
白河だるま(佐川)
白河だるま(佐川)