旗新選組日誌

(慶応4年)
4月4日
新選組 山口二郎(斎藤 一)ら51人、流山から棚倉経由で会津に向かう
25日
近藤勇
新選組
板橋(東京都)で処刑される
勢至堂峠(長沼町)を経て赤津(郡山市)に出張
閏4月5日
白河方面への出陣を命じられる(130人程度といわれている)
20日
白河小峰城が落城
22日
新選組 白河城下に宿陣する
23日
白坂関門(稲荷山)の守備に就く
25日
西軍 稲荷山の東軍を攻撃するも敗退
新選組隊士 菊地 央横山鍋二郎戦死
元新選組隊士 薩摩藩士武川直枝戦死
29日
新選組 白坂関門の守備を仙台藩士と交代し、「柳屋」で休陣する
5月1日
西軍
総攻撃
新選組黒川口(西郷村)で応戦するが敗北 勢至堂まで敗走
伊藤鉄五郎戦死
蟻通勘吾 重傷を負う
26日
新選組 白河小峰城奪還戦に参加するが敗走
27日
会津遊撃隊と白河口に進軍するが敗走
島田魁 負傷する
30日
沖田総司 千駄ヶ谷(東京都)で病死
6月12日
新選組 諸隊と米村(西郷村)まで進撃し、白河北西部で戦い羽太(西郷村)に戻る
7月1日
羽太から出撃するが、市内金勝寺山から攻撃され、夕刻羽鳥村(天栄村)まで引き揚げる
(白河口への出撃は、この日が最後となる)