新着情報

平成24年度 第6回 宗祇白河紀行連句賞 連句募集


平成24年度 第6回 宗祇白河紀行連句賞

連句募集

文明十三(1481)年に白河城主結城政朝が鹿嶋神社の神前で、一日一万句の連歌興業を催したと言われています。

連歌は鎌倉時代に創出され、室町時代に飛躍的に発展しました。その中心となったのが宗祇です。

古代からの、五七五・七七形式の和歌から派出したのが連歌で、俳句は連歌の発句が独立したものです。


募集作品

連句(三つ物)で応募してください。(未発表作品に限ります)


三つ物とは、発句(五七五)・脇句(七七)・第三(五七五)からなる連句の最短形式です。脇句は発句と同季(同時同場)で詠みますが、第三は自由です。いろいろな素材を詠み込んで、広がりのある世界を作ってください。

発句

発句は次のうちから選び、応募用紙の発句の欄に記入してください。


●野分せし花のたもとやしのぶずり【秋】 (宗祇)
※野分の風が吹いて、秋の野の花が乱れた風景のような、信夫摺の衣のたもとであるよの意

●義経へ聖ヶ岩の紅葉(もみじ)散る【冬】 (狩野康子)
※聖ヶ岩(ひじりがいわ)は白河市大信地区にある岩山郡で、源義経が奥州に向かう途中に名付けたと伝えられています。

●豊年の水車勇むや谷津田川【秋】 (狩野康子)
※谷津田川(やんたがわ)は白河市中心市街地を流れる一級河川で、江戸時代後半から昭和初期まで、精米をはじめとする水車が数多くありました。

応募方法

所定の応募用紙(コピー可)を使用し、必要事項を記入の上、応募料を添えて応募してください。また、一人で複数句の応募も可能です。
応募用紙が必要な方は送付いたしますので、事務局までご連絡ください。
白河市公式ホームページからもダウンロードできます。
URL:http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/

応募料

応募用紙一枚につき500円(郵便小為替又は現金で納めてください)
※高校生以下は、無料とします。

応募先

〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1
宗祇白河紀行連句賞実行委員会事務局
(白河市産業部商工観光課内)

募集作品

平成24年7月2日(月)~10月1日(月)

募集作品

一般の部及び各学生の部、それぞれに以下のとおり賞を贈ります。

◎一般の部(大学生を含む)
大賞 1点佳作 3点
(副賞3万円相当)(副賞1万円相当)
入選 5点奨励賞 10点
(副賞5千円相当) 

◎高校生の部
優秀賞 1点佳作 3点
(副賞5千円相当)(副賞3千円相当)
入選 5点奨励賞 10点
(副賞1千円相当) 

◎中学生以下の部
優秀賞 1点佳作 3点
(副賞5千円相当)(副賞3千円相当)
(副賞1千円相当) 

選者

深沢眞二(和光大学表現学部教授 副学長)
狩野康子(宮城県連句協会長、連句協会常任理事)

表彰・発表

〇表彰式
平成24年12月8日(土) 福島県白河市「鹿嶋神社」

〇発表
受賞作品を新聞等の報道関係、白河市公式ホームページで発表します。

作品集

応募者には、応募作品を収録した作品集を後日贈呈します。
※応募者一名につき一冊送付します。

著作権等

応募作品の著作権など諸権利は、主催者に帰属することとします。

注意事項

〇円滑な審査のため、作品は楷書ではっきりとお書きください。
作品及び氏名等の漢字には、全てふりがなを付してください。
〇必ず所定の応募用紙で郵送にてお申し込みください。

ページトップ

(公財)白河観光物産協会
〒961-0074 福島県白河市郭内1-2
TEL 0248-22-1147  FAX 0248-22-0117

Copyright (C) 2012 (公財)白河観光物産協会 All Rights Reserved.