新着情報

まほろん 1・2月のお知らせ



拡大画像はこちら


拡大画像はこちら

~まほろん体験活動室メニュー~


昔の遊び12/13~1/15無料
匂袋をつくろう1/17~1/29500円
組ひもをつくろう③1/31~2/12100円
和紙でつるし雛を折ろう2/14~2/26100円

体験活動メニュー(常時)材料費

匂玉(小)320円匂玉(大)400円
黒匂玉450円ピンク匂玉450円
管玉450円こはくペンダント1,300円

※「匂玉・管玉づくり」「火おこし」は、開館日いつでも体験できます。

~お問合わせ先~


まほろん(福島県文化財センター白河館)

〒961-0835 福島県白河市白坂一里段86
TEL:0248-21-0700 FAX:0248-21-1075
Email:office@mahoron.fks.ed.jp
WEB:http://www.mahoron.fks.ed.jp/

~実技講座~



「縄文土器づくり上級編」
①形づくり(4日) ②文様付け(5日)

難しい形や文様の複雑な縄文土器づくりに挑戦します。①は形づくり。②は文様を付けます。

日程2月4日() 2月5日()
場所まほろん研修室
時間10:00~16:00
講師当館職員
参加対象中学生以上
募集人数10名(先着順)
材料費粘土1kg 100円
募集締切日1月27日(金)

「ガラスと組紐のアクセサリーをつくろう」

組紐にガラス玉をあしらって、素敵なアクセサリーをつくります

日程2月25日()
場所まほろん研修室
時間10:00~15:00
講師当館職員
参加対象小学生以上
(小学3年生以下は保護者同伴)
募集人数15名(先着順)
材料費500円
募集締切日2月17日(金)

~文化財研修~


「考古学と地域史研究(中通りの遺跡)」

古墳・土器・埴輪そして集落のあり方から、古墳時代前期の地域間交流が、どのようなルートを通じて行われていたかを探ります

日程2月12日()
場所まほろん講堂
時間13:30~15:30
講師柳沼 賢治氏
郡山市文化・学び振興公社
大安場史跡公園施設課課長
参加対象文化財担当者・一般の方など
募集人数20名(先着順)
募集締切日2月7日(火)

「国指定史跡宮畑遺跡の整備」

宮畑遺跡は、南東北を代表する縄文時代の集落の様子を伝えるため、現在整備が進められています。学術的な活用に加え、まちづくり・観光振興面・教育面など総合的な史跡活用の一例を紹介します

日程2月25日
場所福島市東部勤労者研修センター
時間13:30~15:30
講師斎藤 義弘氏
福島市教育委員会文化課
埋蔵文化財係長
参加対象文化財担当者・一般の方など
参加人数20名(先着順)
募集締切日2月17日(金)

~イベント~



「まほろん冬まつり」

〇まほろん「もみぎり」ファイヤー
〇勾玉づくりセット抽選会
〇昔のお菓子づくり体験
〇時代衣装を着てみよう
〇昔の遊びに挑戦
〇紙かぶとづくり

日程2月19日()
時間10:00~15:00
場所まほろん講堂ほか

~企画展~


収蔵資料展「器(うつわ)の変遷」

まほろん収蔵資料をとおして、福島県の原始から近世の各種器(うつわ)の移り変わりを紹介します

平成23年11月26日()~2月19日()
場所:まほろん特別展示室

~文化財講演会~


「農耕社会の成立」

日本列島の稲作導入の様相を、縄文から弥生への連続性に注目しながら、考古学的知見をもとに描き出していただきます

日程1月21日()
講師明治大学文学部教授
石川 日出志 氏
時間13:30~15:30
場所まほろん講堂

~館長講演会~



第3回 館長講演会
「歴史は知恵の森
―日本における世界遺産の現状―」

日程2月18日()
講師当館館長 菊地 徹夫
時間13:30~15:30
場所まほろん講堂

~文化財ビデオ上映会~


「竹縄の里」13:45~14:20
「越前和紙」14:30~15:05
解説当館職員
場所まほろん講堂

ページトップ

(公財)白河観光物産協会
〒961-0074 福島県白河市郭内1-2
TEL 0248-22-1147  FAX 0248-22-0117

Copyright (C) 2012 (公財)白河観光物産協会 All Rights Reserved.