白河の寺院

山王寺

サンノウジ

歴史

慈覚大師(円仁)が山寺の立石寺(山形県)に下る際に建立した寺院が前身と伝えます。

はじめ久田野に建てられ、今の「山王窪」という地が山王寺の跡だったと言われます。白河結城氏が鬼門鎮護の目的で祈願寺として300石を寄進するほどの寺院でした。

現在地に移ったのは会津藩蒲生時代に白河城代をつとめた町野長門守の時代です。


宗派 天台宗
住所 白河市馬町

ページトップ

(公財)白河観光物産協会
〒961-0074 福島県白河市郭内1-2
TEL 0248-22-1147  FAX 0248-22-0117

Copyright (C) 2012 (公財)白河観光物産協会 All Rights Reserved.