白河の寺院

常宣寺

ジョウセンジ

歴史

和泉式部が今の白河市表郷地区硯石の地に庵を結び、阿弥陀三尊を安置したのがはじまりと伝えられます。

永禄2年(1559)、白河の本町に移り、常宣寺と改めました。現在の地に移ったのは初代白河藩主丹羽長重の時代(1627~1637)です。

二十二代逸誉白雲(1764~1824)は松平定信に仕えて『集古十種』編さんに関わるなど、「画僧」として有名です。

【当院の見どころ】
市指定重要文化財「常宣寺偏額」 「松平定信書」
県指定重要文化財「受苦図」(非公開)


宗派 浄土宗
住所 白河市向新蔵136
駐車場 30台
WEBサイト http://homepage2.nifty.com/josemji/

ページトップ

(公財)白河観光物産協会
〒961-0074 福島県白河市郭内1-2
TEL 0248-22-1147  FAX 0248-22-0117

Copyright (C) 2012 (公財)白河観光物産協会 All Rights Reserved.