白河の寺院

関川寺

カンセンジ

歴史

もと関銭院と称したと伝えられ、「関銭(通行料)」を取っていたのが由来と言われます。

はじめ天台宗でしたが白河結城氏6代直朝が中興開山し、関川寺と号しました。現在残る地名「関川窪」はかつて関川寺があった地と言われ、現在の地に移転したのは天正9年(1581)のことです。

結城宗広・直朝の五輪塔や結城廟が残されています。


宗派 曹洞宗
住所 白河市愛宕町94

ページトップ

(公財)白河観光物産協会
〒961-0074 福島県白河市郭内1-2
TEL 0248-22-1147  FAX 0248-22-0117

Copyright (C) 2012 (公財)白河観光物産協会 All Rights Reserved.