白河の寺院

常瑞寺

ジョウズイジ

歴史

源義経に従った佐藤継信・忠信兄弟の討死を北平山(泉崎村)で知った母が尼となり、草庵を建てたのが起源と伝えられます。

その後文永6年(1269)、親鸞の孫の如信が、ここに念仏道場「大網奥之坊」を開基し、北関東および南奥州における初期浄土真宗の拠点としました。

寛永4年(1627)、この地に如信の廟所を残し、初代白河藩主丹羽長重の命で白河城下の現在の場所に移りました。


宗派 浄土真宗本願寺派
住所 白河市大工町84

ページトップ

(公財)白河観光物産協会
〒961-0074 福島県白河市郭内1-2
TEL 0248-22-1147  FAX 0248-22-0117

Copyright (C) 2012 (公財)白河観光物産協会 All Rights Reserved.