白河の寺院

丹羽長重公廟

ニワナガシゲコウビョウ

歴史

寛永4年(1627)に白河に入封して初代白河藩主となった丹羽長重は、寛永14年に死去し、現在の地に葬られました。

当初丹羽家の菩提寺である大隣寺がありましたが丹羽氏の転封で二本松に去り、歴代藩主も菩提寺をここに置きましたが、最終的に本町の長寿院が管理する土地となりました。

長重廟のほか、白河藩主松平(結城)直矩・基知父子の墓もあります。


住所 白河市円明寺

ページトップ

(公財)白河観光物産協会
〒961-0074 福島県白河市郭内1-2
TEL 0248-22-1147  FAX 0248-22-0117

Copyright (C) 2012 (公財)白河観光物産協会 All Rights Reserved.